ISO27001を取得するためのポイント|マネジメントシステム

作業員

セキュリティ水準を高める

男性

インターネットに繋がっている状態というのは、いつ悪意を持った人間に攻撃されるか分からない状況でもあります。企業において、インターネットのセキュリティ水準を高めたいと考える際には、法人用ルーターを導入し最適な設定を行なう必要があります。

もっと見る

最適な情報管理の実現

サイバーセキュリティ

IT企業において、情報セキュリティというのは非常に重要な項目です。IT企業が他企業と取引を行なう際、情報セキュリティの水準が低いと情報の紛失や漏洩といったリスクが発生し取引先企業とのトラブルに発展したり、経済的損失を受けたりする可能性があります。取引先企業においてもそういったリスクを避けたいと考えているので、情報セキュリティの水準が低いIT企業とは取引しようとは思わないでしょう。最近では、情報セキュリティの水準が高いことを証明する指標としてISO27001の認定・取得が注目されるようになりました。ISO27001というのは情報セキュリティに関する国際規格のことで、その認定・取得を受けているIT企業というのは他企業から見て「情報セキュリティ水準の高い企業である」と認識してもらうことができるのです。

ISO27001の認定・取得を受ける際には、最初に適用範囲を検討します。適用範囲うのは、ISO27001を1つの部署に適用するのか、1つの視点に適用するのかといったものです。その適用範囲に合わせて社内体制を確認し、管理責任者及び監査責任者を決定します。そこから、ISO27001認定・取得までの大まかなスケジュールを立てるのです。ISO27001の認定・取得を受けるためには、その規格における基準を満たしたマニュアルを作成し、審査してもらう必要があります。作成するマニュアルは膨大な量となるため、事前に企業内における情報セキュリティにおける基本方針を決定しておくこと必要があるでしょう。査定機関が複数あるため、企業側の事業規模と決定した基本方針に適した審査機関を選定することが大切です。

航空宇宙産業で成功する

作業員

JISQ9100というのは、航空宇宙産業における厳しい品質マネジメントシステムの世界標準となる企画です。この規格の認定・取得を受けることによって、航空中産業に関連する企業とのビジネス条件を多く達成することができるでしょう。

もっと見る

環境保全に貢献する企業

ネットワーク

ISO14001という国際規格は、環境マネジメントシステムのことを指し、「環境保全に貢献している企業」であることを証明するための指標になります。企業活動による環境影響が問題視される現代において、この国際規格の取得が重要なものとなりました。

もっと見る